現代風の冬至はアンパンや食パンでもいい様な気がします

今年の季節行事、冬至の日は気温や空模様が晩秋のような様子、朝から雲ひとつないという快晴で寒さも緩く、年越しの季節と思えない感じです。
かぼちゃとか「ん」のつく素材はダイコンとかうどん、にんじんなどを食べるのが日本の風習。

日本の風習といっても「ん」のつく素材を7種類食べるといいという土地もある、旬の果実、みかんもその内に入るらしいですね。
ダイコンやにんじんもそうだけれどレンコンでもいい、冷蔵庫や収納棚に「ん」のつく素材と考えてみるとかぼちゃやダイコン。

冬至には小豆粥を食べる風習もあるというから、ここから考えると餡の入っている大福とかアンパン、食パンでもいいような気がします。
古来からの形とすれば基本形で農作物のダイコンやレンコンですが、現代風はアレンジしてもいいかなという思考。

12月中旬ころまでは寒くて季節が進んでいるという天候でしたが、クリスマスの前になって暖かい日が続いています。
この日をシフト時期として健康考えながらの冬ライフ、寒くても元気なワンシーズンをすごしたいものですね。http://www.912inc.co/